予防について


犬ワクチン - 狂犬病予防法について - 犬の予防接種 - 狂犬病の予防接種
猫ワクチン - 猫の予防接種 - 猫エイズワクチン
フィラリア予防について - 寄生虫駆除 - 去勢手術・避妊手術

動物を飼いはじめたら、伝染病などの予防のためと動物たちの健康のために、
ワクチンを接種するようにしてあげてください。
主なワクチンの種類は以下のとおりです。

伝染病は、散歩が好きなアウトドアで活動する犬ほど感染しやすいので予防が必要です。
正しい時期にワクチンを接種することで予防できる数々の伝染病があります。


犬ワクチン

犬ジステンパー
発熱、下痢、神経症状などが起こり、全身がおかされ、治ってもさまざまな後遺症が残る。死亡率も高い。
犬アデノウイルス2型感染症
アデノウイルスによる感染症で、肺炎や扁桃炎など呼吸器病を起こします。
犬伝染性肝炎
アデノウイルスによる感染症で、肝炎を主とし、嘔吐や下痢、食欲不振などが起こり、目が白く濁ることもある。子犬では突然死することも。
犬パラインフルエンザ
パラインフルエンザウイルスによる呼吸器病で、咳や鼻水、扁桃炎を起こします。アデノウイルスや細菌といっしょに「ケンネルコフ」と呼ばれる犬のカゼ症候群をひき起こします。
犬パルボウイルス感染症
血液のまじった重度の下痢や嘔吐を起こす扁桃炎が多い。子犬に突然死をもたらす心筋型もあります。伝染性が強く死亡率も非常に高い。
犬コロナウイルス感染症
下痢や嘔吐が起こり、腸炎をひき起こす感染症。パルボウイルスと混合感染すると症状はいっそう重くなります。コロナとパルボをいっしょに予防することが重要。
犬レプトスピラ病(黄疸出血型 カニコーラ型)
細菌によって腎臓や肝臓がおかされる、人と動物共通の伝染病です。代表的なのは、歯ぐきの出血や黄疸がみられる黄疸出血型と、高熱、嘔吐、下痢を起こすカニコーラ型の2種ですが、この他にもいろいろなタイプがあるので注意が必要です。アウトドアで活動する犬ほど感染しやすいので予防が大切です。
 

狂犬病予防法について

日本では、狂犬病予防法で狂犬病ワクチンの接種が義務づけられています。
生後91日以上の犬は、飼い始めてから30日以内に1回、その後は毎年1回注射を受けなければなりません。

 

犬の予防接種

子犬の場合は、生後2ヶ月頃に1回目、その後約1ヶ月間隔で1~2回接種し、その後は毎年1回ずつ追加接種します。

 

狂犬病の予防接種

狂犬病の予防接種は、法律によって義務づけられています。生後90日を過ぎたら必ず接種し、最寄りの役所や保健所にて畜犬登録をする必要があります。

<狂犬病とは?>
人間にも感染して死亡することもある動物由来感染症です。狂犬病は一旦発病すると現段階では治療方法はありません。狂犬病には、狂暴性をおびて動くものすべてに噛みつく「狂躁型」と、四肢麻痺、不穏、錯乱等の脳炎の症状が出現し、最終的には起き上がることもできなくなってしまう「麻痺型」があります。日本では狂犬病はまだ発生していませんが、今後発生するおそれがあると言われています。

 

猫ワクチン

猫ウイルス性鼻気管炎
ヘルペスウイルスによるひどい感染症。クシャミ、セキ、鼻炎などの呼吸器症状のほか、結膜炎をひき起こす。高熱で食欲はなくなり、鼻水と涙など典型的なカゼの症状がみられます。
猫カリシウイルス感染症
かかりはじめはクシャミ、鼻水、発熱など、猫ウイルス性鼻気管炎にたいへんよく似ています。症状が進むと舌や口の周りに潰瘍ができることもあり、また、ときには急性の肺炎を起こして死亡することもあります。
猫汎白血球減少症
白血球が極端にすくなくなる病気で、パルボウイルスが病原体。高熱、嘔吐、食欲がなくなり、下痢がはじまると脱水症状となります。体力のない子猫などは、たった1日で死ぬこともあるこわい病気です。
猫のクラミジア病
クラミドフィラ フェリスによる感染症。菌は眼や鼻から侵入するため、結膜炎、鼻水、クシャミ、セキがみられます。肺炎を起こすこともあります。ヒトに感染して結膜炎が起きた例も報告されています。
猫白血病ウイルス感染症
持続感染すると80%が3年以内に死亡します。白血病やリンパ腫などの血液のガン、貧血、流産などを起こします。病気に対する抵抗力(免疫)が弱まるため、いろいろな病気も併発しやすくなります。感染してから発病までの期間がたいへん長く、その間は見かけ上健康にみえますが、ウイルスを排泄し、他の猫へうつします。
 

猫の予防接種

子猫は母親からもらった免疫が減少してくると伝染病にかかる危険性が高まります。
ワクチンを接種する時期は、子猫は(9週年齢以上)3~4週間隔で2回、成猫は年1回のワクチン接種をおすすめします。

 

猫エイズワクチン

どのようにして感染するの?
ネコエイズウイルスはこのウイルスに感染している猫の唾液や血液に含まれています。このため、猫同士の喧嘩などによる咬み傷からウイルスが体内に侵入して感染する場合がほとんどです。ネコエイズに感染した母猫から生まれてくる子猫に感染することもありますが、食器やグルーミングから感染することはまずありません。

どんな症状を起こすの?
ネコエイズウイルスに感染した頃に発熱や下痢等がみられますが、多くの場合、症状は消え、外見上回復したようになります。この期間は数年間からそれ以上続き、この間も病気はゆっくりと確実に進行していきます。また、他の猫への感染源ともなります。この後、免疫機能が低下し、慢性で治りにくい口内炎や鼻炎、頑固な下痢などがみられ、さらに進行すると著しい体重の減少(削痩)、貧血や悪性腫瘍がみられたり、健康な猫では感染しないような弱い病原体でもひどい症状がでたりします。こうなると多くの場合、数ヶ月以内に死に至ります。

 

フィラリア予防について

「フィラリア」とは寄生虫の名前です。フィラリアは蚊を媒介して犬の体内に侵入し、血液に乗って心臓へ移動して住み着き、犬の命を奪ってしまいます。
予防するためには、媒介となる蚊の出現に合わせて予防薬を1ヶ月に1度投薬することで、感染子虫を退治できます。 予防期間は、地域や気温などによって異なりますが、通常は蚊の発生後1ヵ月から蚊が見られなくなった後1ヵ月までの間、毎月1回投薬します。
予防薬には、フィラリア駆虫だけのもの、その他の寄生虫も駆除できるもの、ノミやダニの成長を妨げる効果もあるものなど、いろいろな種類がありますので、ご相談ください。

 

寄生虫駆除

外部寄生虫

代表的な寄生虫は、ノミ、マダニ、疥癬虫、ニキビダニなどです。これらの寄生虫に感染すると、やたら体をなめたり、掻いたりします。ひどい場合には、掻いたときにできた傷に細菌が付着して膿んでしまったり、脱毛が起ったりすることもあります。

腸内寄生虫

代表的な寄生虫は、回虫、鞭虫、サナダムシ、コクシジウムなどです。お腹の中に寄生虫がいると、下痢や血便、貧血などを起こします。投薬で駆虫することが可能です。

 

去勢手術・避妊手術

去勢・避妊手術は健康面での効果もあり、手術を受けた犬・猫は、受けていない犬・猫に比べると、長生きする傾向にあると言われています。

去勢・避妊手術のメリット

※その他、健康診断なども行っております。気軽にご相談ください。

 
<去勢手術・避妊手術の費用(消費税込み)>
  犬の去勢手術 犬の避妊手術 猫の去勢手術 猫の避妊手術
小型犬 26,250円 36,750円 15,750円 29,400円
中型犬 31,500円 42,000円 大田区にお住まいの方は大田区の助成金が4,200円出ますので、11,550円になります。 大田区にお住まいの方は大田区の助成金が8,400円出ますので、21,000円になります。
大型犬 36,750円 52,500円
入院日数 その日に帰れます。よほどのことがなければ入院は必要ありません。 2泊3日の入院です。 その日に帰れます。但し、のら猫ちゃんの場合は3日間(傷が癒えるまで)特別に無料で預かります。 2泊3日の入院です。但し、のら猫ちゃんの場合は、プラス4日間(7日で抜糸ができるため)を特別に無料で預かります。
(掲載料金は消費税込み)