内視鏡システム

内視鏡は胃カメラ・大腸鏡とも呼ばれ、食道・胃・十二指腸・大腸の検査をする機械で、食道ガンや胃ガン・大腸ガンの早期発見や潰瘍の治療に役立ち、健康診断ですっかりおなじみですね。 内視鏡の先端には様々な機能があり、映像による診察以外にも、組織の一部を採取して検査に回したり、電気メスで潰瘍を焼いて治療したり、ポリープを切除したりします。 動物は小さなものが多く、気管を傷つけないように上手に扱うには訓練が必要なのは言うまでもありません。 ところで動物病院における内視鏡の使い方は人間の場合と少し違います。 子犬や子猫に限らず動物は消化できない異物を間違って飲み込むことが多いのです。 吐き出せればよいのですが、吐き出せないとき、全部とは言いませんが何割かは内視鏡のアームで引きずり出せる場合があります。 胃を手術することなく異物を取り出せる、ペットの体への負担と飼い主様の経済的負担、どちらにも優しい治療が可能です。

大田区の動物病院:大田中央動物病院