カラードップラーエコー

エコーは一般に肝、腎、心、腸管、膀胱、脾、リンパ節、子宮、胎児の診断(妊娠)、前立腺、精巣などの器官の断層映像を、超音波を使い撮影する機械で、幅広く診察に利用されていることは皆さんもご存じかと考えます。 当院のエコーはカラードップラーエコーと言い、一般的エコーに加え、青静脈、赤動脈の色分けをし、血流の造影が可能なエコーで、これによりガン細胞の採取など今までは危険を伴った検査が安全かつスピーディーにできるようになりました。 また、心臓の検査には特に威力を発揮し、心臓の弁膜症による血液の逆流スピードの検査や心臓弁の動き、心房・心室の大きさや心臓壁の厚み、収縮率などを調べる事により、様々な心臓の病気が診断出来ます。 また当院のエコーはハードディスクに映像を保存する事により、今までのエコーの1/5の時間で心臓の計測が可能であり、患者への負担が少ない事も大きな特徴の一つです。

大田区の動物病院:大田中央動物病院